Latest Posts

警備員の仕事は内部で分業化が進んでいる?警備会社の特徴を見極めよう

警備員の仕事は内部で分業化が進んでいる?警備会社の特徴を見極めよう

道路交通誘導が専門の警備会社は現場を確認しよう

警備員の業務内容は、依頼者から出された内容により変わるものの最も誰もが知っている業務として道路交通誘導が挙げられます。工事現場にて車や歩行者が衝突事故を起こさないように、道路交通誘導を行うことが主な業務内容です。時には一般公道にて信号機を点滅信号へ切り替えた上で行われることがあり、交通事故を防ぎ人命を守るという意図があります。一方、大型ショッピングセンターや美術館といった駐車スペース以上に来店客が集まる場所では、駐車場警備が行われます。一見すると同一の業務に見えますが、駐車場警備については公道ではなく私有地を警備することになるので施設管理権限者からの依頼により歩行者保護のみが優先される点が大きな違いです。駐車場警備はサービス業に近い働き方をするので、柔らかい誘導が出来る人材が求められます。

施設警備業務は護身術が必要になることが多い

施設警備業務は、貴重品や現金輸送といった犯罪行為から依頼された内容を守る役割を持つ業務です。美術館の館内警備は、展示中の美術品を守るといった施設管理権限の範囲内で行われ、現金輸送については依頼者の財産を保護するといった役割を果たします。交通誘導警備とは異なり、施設警備業務では警戒する対象が一般人ではなく犯罪予備軍となるために一定の護身術を身につけておかなければならない点で危険が伴いやすいです。このため、警備員の求人へ応募する際には、該当する警備業務に耐えられるだけの身を守る術を心得ているかどうかがポイントとなります。実際に施設警備業務では、道路交通誘導とは異なる専門的な警備業務研修が多く行われています。

警備員の求人は、様々な現場で募集されています。道路工事の現場や商業施設、花火大会を始めとしたイベント会場などの場で活躍しており、常に需要の高い仕事です。

Related Posts

Read also x