Latest Posts

専属運転手の仕事とはどのようなものか!!

専属運転手の仕事とはどのようなものか!!

専属運転手の具体的な仕事内容

専属運転手とは、特定の企業などの役員の送り迎えのために乗用車を運転するドライバーのことです。運転する車両についても高級車を用いることが多く、利用者が快適に過ごせるように気を遣うことが求められる仕事です。その具体的な仕事内容は、役員が会社に出勤したり帰宅したりする際の送り迎え、ゴルフや接待などの食事、冠婚葬祭などの用事の際に運転して目的地へ送っていくことが挙げられます。いずれにしても人命を預かる仕事なので、安全のために神経を集中して運転する必要があります。さらに、万が一、車が壊れてしまったら仕事に支障をきたすことになりますよね。したがって、エンジンやブレーキ、タイヤなどに異常が見られないか定期的に車の点検を受けることも大切な仕事のひとつです。

運転していないときの仕事

専属運転手というと、役員の送迎のために自動車を運転する仕事という印象が強いものです。したがって、車を運転していない時はどのように過ごしているのか疑問に感じる人は少なくありません。実は、待機している時間は休憩時間としても使用できますが、次の送迎に備えて準備して過ごすことが多いです。たとえば、担当の役員の次のスケジュールをチェックして、そこに行くまでの道路状況を把握した上でスムーズに送迎できるルートを考えておくのです。高速道路を使う場合、事故によって道が封鎖される可能性も少なくはありません。その際は、時間通りに目的地に着くために別の道を探しておく必要があります。このように運転をしていない時も役員のスケジュールが滞りなく進むようにサポートするのが、専属運転手の仕事と言えます。

運転手の派遣は一定期間だけの増員の際に便利ですが、人によって仕事の質に大きな差があります。安全運転を厳守しつつスケジュール通りの仕事ができる人材を探すには、実績が豊富な会社を選ぶのが最適です。

Related Posts

Read also x